脱毛のための知識

美容整形で鼻の形を整える時、最も一般的なのが「プロテーゼ」と呼ばれるシリコン剤の挿入です。プロテーゼはシリコンでできた医療用の素材であり、これを鼻先に埋め込むことですっきりと筋の通った高い鼻を作ることができます。
鼻の美容整形に使われるプロテーゼは大きく分けて二種類あり、「L字型プロテーゼ」と「I字型プロテーゼ」に分類されます。多く使われているのは「L字型プロテーゼ」の方で、これは鼻の形そのままの造形をしており、鼻筋から鼻先まで全般的な鼻の形を整えることができます。対して「I字型プロテーゼ」の場合は鼻筋の部分のみを整えるのに使われます。
このように書くと「L字型プロテーゼ」の方が鼻の美容整形には役立つように思われますが、実際にこれまで美容整形を受けた人を見てゆくと意外とL字型プロテーゼの満足度は高くないようです。というのもこのL字型プロテーゼを使った場合、いかにも「整形をした鼻」という雰囲気のものができやすく、また触った感触もあきらかに通常の鼻のものと異なるので不自然な印象となってしまうからです。
また、プロテーゼを使った美容整形の場合、鼻先の血流を阻害してしまうこともあり、そのための再手術となってしまうこともあるようです。そのため最近の鼻の美容整形ではプロテーゼは「I字型プロテーゼ」による鼻筋部分への使用にとどめておき、鼻先の造形は自分の軟骨を移植するなどといった方法ととることが多くなっているようです。