スキンケアには精油を

スキンケア用品として、積極的に利用していきたいのが「精油」です。精油とはアロマテラピー用によく使われているオイルです。しかし精油の使い方はほかにもたくさんあり、入浴の時に数滴を湯船に入れたり、マッサージをするときに利用したりするだけでもかなりの効果を得ることができるのです。
アロマテラピーとスキンケアは大変密接な関係にあります。アロマテラピーとは「アロマ=芳香」と「テラピー=療法」を組み合わせた造語です。花などの優しい香りでリラックスをしたり、ペパーミント系のようなスッキリ系の香りで体をしっかりさせたりするといった用法として使われます。アロマテラピーでは、天然の植物から抽出されたエッセンス(=精油)を使います。植物のパワーを取り入れることで、スキンケアとして肌のトラブル解消だけでなく、心のトラブルを癒すのにも大いに役立つのです。
スキンケアとして精油を利用するには、主に「鼻から香りを吸って脳へ働きかける」方法もしくは、「吸入して肺に取り入れる」、または「皮膚から浸透させて血液やリンパにはたらきかける」といった方法で用いられます。
中でも最も簡単なのが精油を鼻から取り入れる方法で、専用の芳香機器やルームライトなどに数滴を垂らして蒸発させることで使われます。肌や吸入をする場合には、入浴時にバスタブに入れる方法や、肌に直接塗りこんでマッサージをするといった方法で使うとよいでしょう。精油は自然成分なので、安心して使うことができます。